東京デンタルスクール

  1. TOP
  2. 歯科医師国家試験のための歯科辞典
  3. ア行

歯科医師国家試験のための歯科辞典-ア行

[ア]

アイスマッサージ法

嚥下訓練の一つ。綿棒を凍らせ舌根部などを刺激し反射を誘発する。

アイデアルアーチワイヤー

エッジワイズ法における仕上げに用いられるワイヤー

アイヒナー分類

上下顎のうち小臼歯、大臼歯を4部位に分け、咬合支持状態による分類

アイボリーセパレーター

前歯部に用いられるくさび形セパレーター。う蝕の診査などにも用いられる。

アウエル小体

急性骨髄性白血病などでみられ、白血球の細胞質内にみられる赤紫色の針状の構造物

アウグスト乾湿計

乾球温度計と湿球温度計が連結された温度計。気流の影響などを受けやすく、現在はアスマン通風乾湿計が存在する。

アウグスベーガーの式

成人量に対する小児の薬の投与量の基準式。小児の薬用量=(年齢×4+20)×成人量/100

アーカンサスストーン

スケーラーなどの切削器具の研石

悪液質

悪性腫瘍や結核などの慢性疾患によって重度の栄養不良をきたした状態

悪性高熱症

全身麻酔中の急速な体温上昇により、アシドーシスなどの各種症状をきたす。
ハロタンやスキサメトニウムなどの併用で発生しやすいといわれている。
尿はポートワイン状のミオグロビン尿を呈する。
治療は麻酔の中止、冷却、ダントロレンの投与などがある。

悪性リンパ腫

リンパ系の腫瘍細胞が増殖し、ワルダイエル輪などに好発する。
Reed-Sternberg巨細胞を伴うホジキン型、日本人に多い非ホジキン型がある。
治療に際しては抗悪性腫瘍薬に加え、放射線療法の適応となっている。

アクセサリーポイント

側方加圧根管充填で用いる。スプレッダーを用いて挿入する。

アクセスホール

インプラントの上部構造のうち、スクリュー固定時の上部構造の穴。スクリュー固定により上部構造などの修理が容易となる。

アクチノマイセス(Actinomyces)

通性嫌気性グラム陽性桿菌。顎放線菌症を引き起こすA. israeliiや、根面う蝕を引き起こすA. viscosusなどが存在する。

アクチバトール

可撤性の機能的矯正装置。構成咬合による筋の機能力を発揮して機能性反対咬合症例や下顎後退症での下顎前方移動などに用いられる。

アクチン

筋原線維のアクチンフィラメントを構成するタンパクで、アクチンがミオシン上を滑走して筋収縮が起こる。

アグリカン

軟骨に含まれるプロテオグリカンの一つ。プロテオグリカンの中でも大型であり、テストに頻出される。

アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス(Aggregatibacter actinomycetemcomitans)

グラム陰性通性嫌気性桿菌。侵襲性歯周炎に関与し、家族内集積性がみられる。グラム陰性菌としての特徴の他、外毒素であるロイコトキシンを産生する。また、CO2存在下でも発育が可能である。

アクリノール

黄色色素の消毒薬。歯周治療や歯内療法処置の根管通過法などに用いられていた。発売中止。

アクリルレジン

義歯床用レジンや、レジン歯に用いられる。粉部の成分はPMMAである。

亜酸化窒素

笑気ガスとも呼ばれるガス麻酔薬。MAC105-110%。鎮静法の他、吸入麻酔薬の二次ガス効果も有する。
医学史では、ホレス・ウェルズ(歯科医師)をしっかりと覚えておこう。

アシクロビル

単純疱疹ヘルペスウイルスなどウイルスを抑制する抗ウイルス薬。プロドラッグはバラシクロビル。

アジソン病

副腎皮質機能低下症。低血糖、低血圧、体重減少、色素沈着などの特徴がみられる。

アシドーシス

血液のpHは通常7.35-7.45の弱アルカリ性であるが、重度の糖尿病による糖尿病性ケトアシドーシスや低酸素状態、腎不全などでpHが低下する。

アスパラギン酸トランスフェラーゼ(AST)

肝臓、骨格筋、心筋などの細胞に含まれる酵素で、障害を受けると細胞外に逸脱する酵素であり、肝疾患や心筋梗塞などで上昇する。
肝疾患でみられるALTより基準値が高い。

アスパルテーム

フェニルアラニン、アスパラギン酸からなるアミノ酸系の代替甘味料で、スクロース(ショ糖)の約200倍である。
フェニルケトン尿症の患者には禁忌である。

アスピリン(アセチルサリチル酸)

古くから柳の木には鎮痛効果があることが知られており、サリチル化して開発されたのがアスピリンである。
酸性NSAIDsの一つで解熱鎮痛効果を有する。
また、抗血小板作用を有するため狭心症などの血栓の抑制のためる投与されることもある。
インフルエンザの患者にはライ症候群のリスクがある。一部の患者ではアスピリン喘息がみられる。

アスベスト

古くよりビルなどの保温断熱目的などから多く用いられてきたが、解体時の石綿の飛散による肺線維症、悪性中皮腫の原因になることがわかり、肺がんを起こす可能性があるため、現在は原則として製造等が禁止されている。

アスペルガー症候群

広汎性発達障害の一つ。言語や知能の遅滞はみられないが、社会性の一部欠如などがみられる。

アスペルギルス

真菌の一種。日和見感染の主要原因微生物の一つ。口腔・耳鼻科領域では上顎洞などにも病変がみられることがある。

アスマン通風乾湿計

温度、湿度を測るためのアウグスト乾湿計の短所を補うために開発された乾湿計。

アズール顆粒

好中球にみられる顆粒でペルオキシダーゼなど各種酵素を含む。

アセチルCoA

三大栄養素である炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質の代謝や脂肪酸の合成に関与する。

アセチルコリン

神経伝達物質の一つで、ニコチン性受容体やムスカリン性受容体に結合する。

ASO

アンチストレプトリジンO。Streptococcus pyogenes(化膿レンサ球菌)の産生する溶血毒素(ストレプトリジンO)に対してヒトが産生する抗体。

アタッチメント

義歯の維持のためなどに用いられる支台装置。

アタッチメントレベル

CEJ(セメントエナメル境)からポケット底までの距離。治療により少なくなった場合には、アタッチメントゲインと呼ばれる。また、臨床的(クリニカル)アタッチメントレベルは、歯肉退縮量とポケット測定により求められるので違いを理解することが大切。

アダムスのクラスプ

小児歯科などで用いられ、歯種を問わず、また萌出途中の歯にも用いることが出来る。

アーチファクト

障害陰影とも呼ばれ、パノラマエックス線撮影やCT、MRIなど様々な撮影法でもみられる。撮影中の体動や、ピアスや義歯の金属など様々な原因により生じる。

アーチフォーマー(アーチフォーミングタブレット)

矯正のマルチブラケット法において、ワイヤーのアーチの形状をつくるための装置。

アーチレングスディスクレパンシー

左右の第一大臼歯の近心面間の周長であるアベイラブルアーチレングスから、第二小臼歯から反対側の第二小臼歯までの近遠心径の和であるリクワイアードアーチレングスの差で求められる数値。このアーチレングスディスクレパンシーにより、叢生や空隙状態が分かるため、矯正歯科の重要な位置を占める。

圧下

歯が歯根方向に移動する移動様式

圧覚

触覚などとともに重要な感覚の一つ。数種類の感覚受容器が関与しているといわれている。

圧縮強さ

圧縮の力を加えた時に、材料が破壊されるまでの応力

圧受容器反射

血圧を一定に保とうとする反射で舌咽神経が関与する頸動脈洞、迷走神経が関与する大動脈弓が重要

圧迫萎縮

廃用萎縮や代償性萎縮などとともに病理学分野での萎縮の様式の一つ。代表的なものには水腎症がある。

アーティキュラーレ

セファロ分析による計測点の一つで頭蓋底下縁と下顎枝部後縁とが交わる点。

アテトーゼ型

脳性麻痺の損傷部位による分類の一つ。最も多いのは痙直型だが、アテトーゼ型はその次に多く、不随意運動を特徴とする。

アデノウイルス

DNAウイルスの一つで、プール熱、流行性角結膜炎、咽頭結膜炎などを引き起こす。エンベロープは存在せず、咽頭や小腸などでも増殖可能である。

アドヒアランス

患者が医療職からの指示を守るかという言葉で、服薬などに際して用いられる。コンプライアンスという言葉が旧来用いられていた。

アドレナリン

高峰譲吉による発見。歯科の局所麻酔薬にリドカインとともに含まれ、リドカインとアドレナリンとは相乗作用を示す。局所麻酔薬にアドレナリンが添加されていることにより、出血の抑制、局所麻酔中毒の予防、局所での作用時間の延長など多くの利点を有する。

後ろう

ロングスパンブリッジなど鋳造収縮が大きい場合などに、鋳造物にろう着を行う。後ろうの温度は前ろうよりも低い。ろうは毛細管現象により流れる。

アナフィラキシーショック

ハチによる毒針、食物、薬など様々な要因により引き起こされる。国家試験的に、血圧低下、頻脈の所見が重要である(実際の臨床ではアナフィラキシーの状態により動態は異なる場合もある)。喘鳴や、蕁麻疹、腹痛、下痢など消化器症状もみられる。

アナログ(インプラントアナログ)

インプラント治療における、インプラント体のレプリカで、模型製作時にインプラント体などに対する模型として用いられる。このアナログにより上部構造の製作が可能になる。

アバットメント

インプラント治療におけるインプラント体と上部構造の間の連結として用いる。既成製のアバットメントの他、CAD/CAMなどを用いて制作するカスタムアバットメントなどもある。

アバットメントスクリュー

インプラント治療でインプラント体とアバットメント、上部構造物を連結するために制作されたスクリュー。スクリューの緩みは上部構造の動揺など様々な弊害を引き起こす。

アピカルカラー

根管治療において、拡大した根管から数ミリ部分をいう。アピカルカラーの存在により、マスターポイントの試適時のタグバックを得ることが出来る。

アピカルシート(アピカルストップ)

アピカルカラーが根管に対し垂直方向への形態であるのに対し、アピカルシートは根管に対し、水平に付与される。アピカルシートの存在によりマスターポイントの逸出防止に働く

亜ヒ酸

以前は根管治療においてパラホルムアルデヒドとともに歯髄失活剤として用いられていた。

アフタ

通常、患者の主訴で「口内炎」と呼ばれることも多く、類円形の有痛性の潰瘍。中心部は白色、黄色で、周辺は紅暈(Red ring)となっている。アフタは、結核や癌、また、ベーチェット病をはじめとする全身疾患との鑑別など経過や形態などが重要である。

アブフラクション

強い咬合力などにより歯の歯頚部に微小な亀裂が生じ歯ブラシなどにより拡大すること。

アブミ骨筋神経

顔面神経の枝。顔面神経麻痺により障害が起きると聴覚過敏などがみられる。

アベイラブルアーチレングス

左右の第一大臼歯の近心から近心まで。矯正の模型分析で用いられる。

アペキシフィケーション

歯根が未完成の永久歯の感染根管歯、抜髄歯に対して行う。水酸化カルシウムを利用する。

アペキソゲネシス

歯根未完成の生活歯に対して行う。水酸化カルシウムなどを利用する。
デンティンブリッジの形成がみられる。

アペックス

ゴシックアーチ(セントラルベアリングデバイス)における左右の経路の交わる点

アペルト(アペール)症候群

Apert症候群。Crouzon症候群と同様にFGFR2の異常。尖頭、合指症がみられる。

アポトーシス

プログラムされた細胞死。核の凝集や、断片化が起こる。対する言葉にネクローシスがある。

アマルガム

水銀と様々な金属との合金。日本においても多く用いられたが水銀が含まれていることから見直しが行われている。除去の際には最小限の侵襲と専用のバキューム、換気などを十分に行い、除去物は水中に保管し、専門業者に廃棄を依頼するなど環境対策が求められる。

アミノ安息香酸エチル

ベンゾカイン。エステル型の局所麻酔薬で表面麻酔に用いられる。

アミノグリコシド系抗菌薬

ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシンなどが属する。タンパク質合成阻害。副作用には内耳性難聴、腎障害、神経筋ブロック作用などがみられる。

アミノ酸

タンパク質を構成する。アミノ基、カルボキシル基を有する。

アミラーゼ

唾液や膵臓に含まれる酵素。ガマ腫では吸引し、アミラーゼが含まれていることを確認する。

アミロイドーシス

コンゴーレッド染色で染色され、口腔内などでは舌の肥大がみられる。

アメリカ埋没法

義歯製作法のフランス埋没法とならぶ方法で、人工歯、支台装置、連結装置のすべてをフラスコの上部に填入する。レジンの填入は容易だが、浮き上がりには注意する必要がある。

[イ]

[ウ]

[エ]

[オ]